保温弁当、今ではランチジャーという代物、需要あるんですね

ここ数年、弁当男子とか流行ってて、けっこうお弁当持参で職場に向かう会社員も増えている模様。
思えば私の父も、しばらく母の手作り弁当を持って会社通勤していました。
そのときに持ってっていたのが、いわゆる保温弁当です。
ご飯、おかず、汁物を温かいまま持ち運べる弁当グッズ。
でもめっちゃデカくて、ちょっとしたカバンぐらいの大きさなんです。
それでも父はどうやら冷たい弁当を食べたくなかったみたいで、毎日大きな保温弁当を持って会社に行ってました。
あんなでかい保温弁当もう使っている人いないでしょ・・・と思ったら、なんと今でも売ってます!
コンパクトなスープジャーや保温弁当箱もありますが、昔ながらのフルセットのもありますね。
今はランチジャーというそうです。
多分うちの父が使っていたのよりははるかにコンパクトで軽量になっているでしょうし、保温性も高いでしょうけど。
店頭で実物を見たら、持ち歩くにはちょっとなあというぐらいの大きさでした。
それでも温かい弁当にこだわる人はいるんですね。アコム atm 返済