夜に聞こえてくる踏切の音は気のせいなのだろうか

私の家から最寄りの駅までは、歩いてだいたい25分くらいのところにあります。
歩いて25分というのは、おそらく多くの人にとって「歩いていく距離」ではなく、バスや自転車などを利用することを考える距離でしょう。
歩けないことはないのですが、25分というのは決して短い時間ではなく、雨が降ったりした日には面倒に感じられます。
まあ、そのくらい家と駅は離れているし、間には大きな国道もあり、昼夜を問わずひっきりなしに車が走っています。
なので、線路の踏み切りの音なんて聞こえるはずはないのですが、ときどき夜に「カンカンカンカン」という音が聞こえたりします。
夜の静かなときにだけ聞こえるし、もしかしたら、風向きなんかでも聞こえるか聞こえないかというのは違うのかもしれません。
でも、夜中の静かな部屋の中で踏み切りの音が聞こえたりすると、あまりの静けさに怖くなってしまったりします。
実際に、私が聞いているのが踏み切りの音なのかどうかはわかりませんが、おそらく間違えないだろうと思っています。
これだけ離れた距離にある音というのが聞こえてくるというのは、本当にありうるのでしょうか、それとも私の空耳なのでしょうか。http://www.articulatedigital.co/